katzmak and Korea

2004 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2006 | 03 | 05 |
2007 | 12 |

2004-05-25最後の授業

katzmak2004-05-25

3月からわたしは東亜大学校国際教育韓国語講座で韓国朝鮮語を習っているのですが、きょうが春学期の最後の授業でした。あとは27日の最終テストと終業式を残すのみです。3月2日からの13週間の学期のうち、わたしは仕事との関連で3月29日からしか参加できなくて、しかも途中でときどき休んだりしたこともあったので、実質3分の2ぐらいしか出席できませんでした。それでも、なんだかとても名残惜しいです。

 振り返ってみて思うことは、まず第一に、短期間とはいえちゃんとした先生(4人)にみっちり集中的に教えていただいたことは非常にありがたかったということ。東亜大学校では、先生たちはそれぞれわりと自由に(逆に言えば統率がとれてないわけですが)持ち味を発揮して教えてくださったので、各先生からいいところを吸収できて、わたしとしてはよかったです。例文の反復練習を重視するIG先生、文法をきっちりと教えてくださり宿題も多いIC先生、自由会話重視で生きた表現を楽しく教えてくださったKY先生、明るく元気でひとりひとりにていねいに対応してくださったKH先生、本当にお世話になりました。

 もうひとつ思うのは、外国語を現地で学習するには2か月から3か月というのは短すぎるということ。なんとなくその地域の人々の生活ぶりを知るには最低そのぐらいはいなくてはならないでしょうが、それ以上ではない、と。わたしは9月下旬までこちらにいられるので、講座は終わったけれども、なんらかの方法で学習を続けていきたいと思っています。でも、どうしよう。。。

 写真(1ヶ月ほど前に撮ったもの)についてもちょっと説明を書いておきましょう。わたしは3月から9月の7ヶ月間、東亜大学校の石堂伝統文化研究院というところに特別研究員という肩書きで所属させてもらっています。写真の真ん中がわたしで、両どなりは研究院の助手をつとめている学生さんたち。左がアンション(安秀英)さん、右がソンミヌッ(成敏旭)くん、写っていないけれどシャッターを押してくれたのがチョントンウッ(鄭東旭)くんです。3人ともとても親切な学生さんたちで、いろいろ困ったことを助けてもらったり、わたしの下手くそな言葉でのおしゃべりの練習相手になってもらったり、本当にお世話になっています。みなさん、ほんとにありがとう!感謝しています。

 それからきょうアンションさんに教えてもらいながら、こんなサイトも設定してみました。http://cyworld.nate.com/katzmak

 まだ中身はなにもありませんが、ここの日記と同一内容の日記韓国朝鮮語で書いてみようかなと思っています。

 あ、2日目にして早くも、研究ネタがなかったですね。きのうの日記メモしておいたサイト今田剛士さんの論文と、小正路さんの論文ダウンロードしてざっと読みました。コメントはもうちょっと内容がわたしの頭のなかに落ち着いてからということで、きょうはここまでにします。

小正路です小正路です2004/07/18 20:49拙稿御笑覧いただいたとのこと。

小正路です小正路です2004/07/18 20:52実は私も中西伊之助には多大な関心があり、近刊予定の『「種蒔く人」論集(仮題)』にも中西に関する拙稿をまとめた次第です。