katzmak and Korea

2004 | 05 | 06 | 07 | 10 |
2006 | 03 | 05 |
2007 | 12 |

2004-07-16近代史研究について語り・訪ねる

katzmak2004-07-16

 9日に東西大學校で開かれた「韓国日本学連合会国際学術大会」に顔を出したときに、研究院でご一緒しているキム先生から、釜山に住んでいる韓国近代史研究者のKさん(当日の発表者でもあった)をご紹介いただいたのだが、きょうはKさんとお昼をご一緒し、そのあとお互いのこれまでの関心、経歴、仕事について、そして日本と韓国の近代史研究の動向についておしゃべりをした。きのう研究プロジェクト助成金の交付が決まったと連絡が来たばかりの京都府「環日本海アカデミックフォーラム」のプロジェクトにお誘いしたら、快諾してくださった。こうやって縁が広がっていくのは本当に嬉しいことだ。

 Kさんのように単身で韓国の大学に学部から入学し、韓国内で近代民族運動を研究している先生に師事してとことんついて行った人は、きわめて貴重だ。韓国民族運動の研究書はまだごく一部しか日本語に翻訳されていないし、研究している人のエートスのようなものを理解している日本人はきわめて少ないと思われるからだ。

 食後にかなり長いおしゃべりをした後、Kさんの案内で江西区の복난교 (写真)を見学に行った。日本植民地時代に建設された水門を備えた橋がいまでも活用されている一例である。詳しいことをぜひ調べてみたいと思う。写真に写っている事務室にはいまでも畳張りの部屋があるそうだが、そこを見ることはできなかった。その後、かつて橋の近所に形成されていた日本人街の跡(なごり)を見に行った。日本式の民家が少し残っていた。

hydeminhydemin2004/07/21 00:53私も数年前台湾を旅行した時、日本植民地時代に建設された建物(旧台湾総督府、旧勧業銀行台湾支店、台北大学etc)が現在でも活用されているのを目の辺りにして驚いた記憶があります。近現代の日韓、日台、日中関係のの近現代の歴史を考えるとき、こういう建造物がどういう足跡を辿ったのか

katzmakkatzmak2004/07/21 01:00日本が植民地時代に建設されたものを取り上げて、日本がその社会の経済発展の基礎を作った(貢献した)などと言う人がいるのは困ったものだとわたしは思います。むしろ逆に、いま残っているモノを歴史的事実を探ったり、歴史について考える手がかりとしてとらえたいですね。

hydemin hydemin 2004/07/21 01:14近現代の日韓、日台、日中関係を考えるとき、こういう建造物がどういう歴史的足跡を辿ったのかを考える視点が必要なのかもしれません。(スイマセン。前のメール一部入力をミスしてしまったので追加で送らせていただきました。)