Hatena::Groupkorea

처음처럼 - Like The First Time このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-05-15

[]出世作 出世作 - 처음처럼 - Like The First Time を含むブックマーク はてなブックマーク - 出世作 - 처음처럼 - Like The First Time

はい、というわけで、期限は2週間だったのに、8日からこっち、たった1週間で「星を射る」全16話を見ちゃいました。ひさびさのチョン・ドヨンのドラマ出演というだけでも、見る価値は十分あったと思うが、なにより脇がよくて成功したドラマだよなぁ。

まず、イ・ソジン?。自分の成功のためなら、まわりの人間をいかにひどい目にあわせても構わないというキャラクター。最後まで憎まれ役でいいところはなかったのだが、実は役者としてはいちばんおいしい役かも、と思った。単純にいい人、というよりは、陰影のある表現をすることができるしね。で、悪役から一転「茶母」で従事官ファンボ・ユンをさっそうと演じ、大ブレイクしたわけだ。そういえば、「星を射る」「茶母」「火の鳥」、すべて頭脳明晰で有能な男、という役どころだな。

もうひとりの悪役が、ホン・ウンヒ?。은희 を日本語で表記するときには、「ウニ」か「ウンヒ」か悩むところですが。清純そうな美貌で、まわりの男性の保護欲を誘うのだが、内心は保護してもらうどころではなくしたたかそのもの。だんだんメッキがはがれてきて、最後のほうは鬼のような表情で叫ぶばかりになってしまうのだが、前半の無邪気な表情と底意地の悪い表情のギャップは、なかなかよかった。

そして、チョン・ドヨンの兄で、役名は 바다(パダ、海)なのだが、海のごとき深い愛で妹を保護し、すっかりスポイルしちゃう役に、パク・サンミョン?。どっかで見た顔だと思ったら、『ナンバー3?』の「灰皿?」だったのか。『達磨よ遊ぼう?』にも出てるし、ほかにもフィルモグラフィー多数。いや、この人うまいわー。頭を打って記憶があやしくなり、ふらふら歩き回るシーンの心もとない表情や動作といったら。

さて、主演のふたりなのだが、まずチョン・ドヨン演じるソラ。30歳で独身、無職、まあそこまではいいのだが、頭悪い、性格悪い、怠け者、というどうしようもないダメダメぶりが、あまりにリアリティあるので驚いた。2回目くらいまでは、きーきーどなってばかりいるし、これでラブロマンスにどうやって持っていくんだ、と思っていたら、兄の危機に際して、やる気を出してみると、その一本気で型破りなところが、うまくまわっていき、チョ・インソン演じるサンテも、だんだんソラにひかれていく。

いやー、しかしこれって女性の夢だよね。とくにこれといってとりえもない平凡な女性が、7歳も年下で、超ハンサムで、才能ある俳優に愛される。しかも、どれほど困難があろうと、彼の気持ちはまったくゆるがない。「春の日?」や「バリでの出来事」で、チョ・インソン二枚目ぶりはたっぷり見ているはずなのだが、このドラマではとくに、インソンくんの美しい目、すべすべお肌に目が奪われたのは、ソラに感情移入していたせいだろうか。それとも、「ラブレター?」でチョ・ヒョンジェ?が光り輝いていたごとく、まさにその輝きが「出世作」ということなのかもしれない。後の2作の金持ちのぼんぼん役とは違って、なにも持っていない若者、というキャラクターもまた、美貌や表情の豊かさをひきたてていたようだ。

トラックバック - http://korea.g.hatena.ne.jp/yhlee/20050515